MOXYLOQ

たのしいモクシ録

8500日と30600日の人生

 私は2018年現在23歳である。数年前から毎日生存日数を数えて日記に記しているのだが、この間8500日をまたいだ。8500日という数を見て、最初に思ったことは、私のすべてがこの中にあると思うと割に少ない日数だ、ということだ。

 私の記憶にあるすべての記憶が、この8500日のどこかに収まると考えると意外だった。8500日、毎日その日のハイライトを写真に撮ったとしたら8500枚の写真が残る。8500枚の写真といえば膨大な数のようでいて、案外1日あれば全て見切れてしまう程度の枚数である。私の人生など、まだそれくらいのものなのだ。

 私自身としては、もう随分と長く生き延びてきたものだと思っているのだが、まだ8500日か。そのうち、この8500という数字を捉えるための感覚が麻痺してきて、一体それがどれくらいのものを示しているのか解らなくなってきた。

 

 祖母がいる。現在83歳である。日数計算をしてみたところ、約30600という数字が出てきた。三万である。

 

 私は、自分の8500日と祖母の30600日という2つを見て、この日数の違いに驚きながらも、同時に、これほどの違いがありながら、私と祖母との間に思考的な大差がないことに驚いていた。考えることが大して違いないのだ。物事に対する反応も変わりがない。私の関心は、この「違いが無い」ということに向いていた。

 

 その、これまで、私はこういうふうに考えていた。つまり、齢を取れば取るほど、その人物の内面世界は成熟してゆき、思考は深まり、いかなる物事にも動じず、精神の安寧を手に入れるようになるものだ、と。だが、それは神話だったようだ。

 

 よく街角で怒っている老人を見る。そういえば、そういう哀れな人間がいる。私の祖母はそういう問題こそないけれど、人間的に成熟しているとは言い難い。いうなれば、現実を普通の感覚で生きている普通の人である。

 

 人間は、年齢を追う毎に精神が成熟するわけではないのかもしれない。もしかすると、大きく成長するのは0歳から7歳くらいまでの間だけで、それ以降は実はあんまり変化しないのかもしれない。そう考えてみると、たしかに、今の「いい大人」たちがしていることって、小学一年生がしていることと大差ない気がする。電車の中で聞く大人たちの会話のレベルは、どう考えても小学生レベルだ。実は、老人たちの会話もきっと、小学生レベルなのだろう。

 

 ここで、こう結論付けることができそうだ。すなわち、精神レベルの深化は必ずしも歳を取ることによって成されるわけではないということ。逆に言えば、「老成」に年齢は関係ないということだ。

 

 弱冠にして仙人みたいな人物もあり得るわけだ。ランボーとか、石川啄木とか、若年の天才と言われる人はみなそういうことなのだろう。

 

 もっとも、もちろん、年齢によって変わる点もあるようだ。「若い時は……」とか「歳を取ると……」という言葉の後に続くようなことには、そういう年齢が大きく左右するような要素が関係しているのだろう。

 

と、ここまで一気に思考して、一息付く。

 

私は極限まで精神レベルを高めたいと、思った。

 

 

GBAソフト「宇宙大作戦チョコベーダー」に登場する宇宙人の元ネタ考察

BGAの隠れた名作「宇宙大作戦チョコベーダー ウチュウからの侵略者」(ナムコ、2002)について。

宇宙大作戦チョコベーダー - Wikipedia

GBAチョコベーダーWEB

 

作中に登場する宇宙人・宇宙生命体・宇宙ロボの元ネタを探ってみました。

実際にあった宇宙人事件や、SF映画が元になっていることが多いようです。

調査不足・元ネタ不明のものについては「未特定」と記しています。もしご存知の方や思い当たる事案がある方はコメントで教えていただけると幸いです。

 

こちらに掲載した情報は孫引き的な情報ばかりです。また、元ネタについても、あくまで筆者の勝手な推測ですので、真偽のほうは保障しておりません。あしあからず。

 

次のサイトに数多くの情報を助けてもらいました。どうも有難うございます。

UFO事件簿

UFO・宇宙人遭遇事件 | UFOレガシー

 

 

・ウンモ星人

ヴォロネジ事件。1989年。

ウンモ星人自体は1989年以前に話題になっていたようです。

ufojikenbo.blogspot.com

 

・金髪美女タイプ(ジャムゼーゼ)

ビリー・マイヤーの語るプレアデス星団人「ヤムジェーゼ」。

ufojikenbo.blogspot.com

 

・グレイ・タイプ

いわずと知れたエイリアンの典型的タイプ。「~・タイプ」という名称の宇宙人キャラクターは特定の元ネタが存在するというよりも、宇宙人の典型イメージを具象化したものが多いようです。

強いて元ネタというなら、「ヒル夫妻誘拐事件」でしょうか。

グレイ (宇宙人) - Wikipedia

 

・メロン頭の宇宙人

映画『マーズ・アタック!』に登場するエイリアン。

映画は同名のトレーディングカードを元にしているそうで、そちらを元ネタと言ってもいかも知れません。

マーズ・アタック! - Wikipedia

 

 

・昆虫型宇宙人

未特定。

昆虫型のエイリアンはモンスター映画によく登場しますが…。

 

・人喰いエンティティ

未特定。

「まるのみデス」が強かったですね。元ネタ、知りたいです。

 

・オリーブ畑の宇宙ロボット

1976年、フランス、ジャン・ドレッキの遭遇したUFOと宇宙ロボットと思われます。

ufo-mystery.jp

 

・全身スーツの宇宙人

1967年、ブラジル、ファビオ・ディニーシュの遭遇した宇宙人でしょうか。円筒型の武器のようなものを持っていたという。

フォークビル事件の宇宙人にも姿が酷似しています。

チョコベーダーでは、複数の宇宙人情報をリミックスすることもあるようですね。

ufo-mystery.jp

ufojikenbo.blogspot.com

 

 

・双子ヒューマノイド

1973年、アメリカ、ゴフスタウン宇宙人遭遇事件に、二人組の小型ヒューマノイドが登場します。

ufo-mystery.jp

 

・アメーバ・タイプ

ブロブ」と呼ばれるアメーバ状のモンスターは、モンスター映画の定番キャラクターです。有名どころに『マックィーン絶対の危機(The Blob)』(1958)およびそれをリメイクした作品が数点あります。

マックイーンの絶対の危機 - Wikipedia

 

・三本腕の異星人(サンボ星人)

未特定。

個人的には「ウルトラセブン」のプロテ星人に見えて仕方がない。

 

・美青年型エイリアン

超魔界帝国の逆襲

こちらのサイトに、「ひょうきんもの」として紹介されている宇宙人のイラストが元になっているようです。1927年、アルゼンチンに出現したそう。結構古典事件ですね。

あるいは、甲府事件の宇宙人と姿と武器が似ているような、似ていないような。

 

鍛え抜かれたボディと甘いマスクで地球上の女性をトリコにするという設定が凄いです。

 

3メートルの宇宙人

フラトウッズモンスター。あまりにも有名。

ufojikenbo.blogspot.com

 

ストックポートの異星人

イギリスストックポートで宇宙人の目撃事件があったようですが、宇宙人の設定自体はカートヴォネガットの小説『スローターハウス5』に登場する「トラルファマドール星人」に酷似しています。

ufo-mystery.jp

 

・宇宙ビースト

『エイリアン』(1979)でしょうか。

 

インバネスのエイリアン

未特定。

 

・捉えられた宇宙人

その名の通り、捉えられた宇宙人の有名な写真が元ネタ。誰でも一度は見たことがあるでしょう。

ufojikenbo.blogspot.com

 

・掃除機を持った怪人

ヤンボルスキーUFO誘拐事件の宇宙人と姿が酷似。しかし掃除機は持っていないようです。

ufo-mystery.jp

 

・10本足の宇宙生物(ゲボラ犬)

未特定。

この怪物、かわいいとファンが多いようです。なんとしてでも元ネタが知りたいです。

 

・妖精型ヒューマノイド

まず間違いなく、ブルーストンウォーク事件。年号と場所も一致します。

ufojikenbo.blogspot.com

 

・ナメクジ型エイリアン

未特定。

ロバート・A・ハインラインの小説『人形つかい』にナメクジのような寄生生物が登場します。それを原作とした映画に『ボディスナッチャー』というのがあります。しかしながら、あまり似ていない。

もしやすると、『スター・ウォーズ』の「ジャバ・ザ・ハット」でしょうか。

 

・ドーム・タイプ

未特定。

映画『ニューヨーク東8番街の奇跡』(1987)のUFO型宇宙人の可能性も否定できません。

 

・電球頭の宇宙人

未特定。

出現場所とされているアメリカ、ウィルソン山には天文台があるようですが、宇宙人目撃情報は探し出せませんでした。

1966年、ブラジルのキパパ宇宙人目撃事件には電球のように輝くヘッドギアを身に付けた宇宙人が登場しています。もしかすると、これが発想の元でしょうか。

ufo-mystery.jp

 

・宇宙サイボーグマン

未特定。

曖昧で分かりづらいです。

C3-POだと言えばC3-POだし、サイボーグ系は多いですからね…。

 

・火星人

これは典型の一つでしょう。

最初にタコタイプの火星人を描いたのはH・G・ウェルズの『宇宙戦争』です。

火星人 - Wikipedia

 

・ゴド星人

ビッグ・フットやイエティといったUMAが元でしょうか。

 

・バキューム・ロボ

未特定。

 

・スプリング・タイプ

1973年、アメリジョージア州に出現した宇宙人のイラストと酷似。

超魔界帝国の逆襲 こちらに出典があります。

 

また、1974年、イタリア、ベリンゲリ夫妻が目撃した宇宙人のイラストにも似ています。

ufo-mystery.jp

 

・超友好型宇宙人

間違いなく『E.T.』ですね。

 

・両棲類タイプ

「両棲類」という条件を満たす宇宙人は確認できませんでしたが、極小サイズのエイリアンはわりと存在しているようです。

その中でもロニー・ヒル事件の宇宙人と酷似しています。

ufojikenbo.blogspot.com

 

 

・ドルザス

名前は映画『未来惑星ザルドス』(1974)を彷彿とさせ、「意志を持った惑星」という設定はどことなく『惑星ソラリス』(スタニスワフ・レムの小説とそれを原作とした映画)です。

 

・宇宙デビルガール

未特定。

 

・ホプキンスビルモンスター

1955年、アメリカのホプキンスビル事件。

ufojikenbo.blogspot.com

 

・脳みそタイプ

『第7惑星の謎』(1962)というSF映画にそっくりな脳みそ生命体が登場します。

 

・チェンニーナの二人組

これはまず間違いなくチェンニーナ事件(1954)アルヨ!

ufojikenbo.blogspot.com

 

・ラージグレイ(イーバ)

アメリカの極秘文書に登場する記号「EBE(イーバ)」。宇宙人を意味しています。

 

・遮光器型ロボット

遮光器土偶=宇宙人説から来ているのでしょう。

ちなみに「遮光器」はエスキモーが使うゴーグルのこと。

 

モスマン

モスマン

モスマン - Wikipedia

 

・ひとでタイプ

大映の特撮映画『宇宙人東京に現る』(1956)にヒトデ型の宇宙人が登場します。

宇宙人東京に現わる - Wikipedia

 

 

・第7惑星の女(第7惑星の使者ローザ)

映画『第7惑星の謎』には美女が登場します。

それが元ネタかどうかは怪しいですが。

また、「腕をくねらせ滑るように移動する」という特徴は前述した映画『マーズ・アタック!』に登場する女装した火星人そのもの。

 

・トカゲ・タイプ

宇宙人の典型の一つ。俗にいう「レプティリアン」というやつですね。

チョコベーダーがモデルにしているのは何でしょうか。

ヒト型爬虫類 - Wikipedia

 

・エルダー・タイプ

未特定。

 

・タコクラゲ

未特定。

チョコベーダー公式サイトには「スイスチーズという植物が好物」と書いてあります。モンステラのことを英語で「スイスチーズプラント」と言うらしいです。

あと、同名の生物が実際に存在しますね。 

 

冥王星人

未特定。

個人的に一番好きなキャラでした。元ネタが知りたいです。

 

・プラント・タイプ

未特定。

ワイアール星人ではないでしょう。 

 

・ゴム星人

『ムー』創刊号にイラスト付きで紹介されたミナスジェラエス事件(1963)の宇宙人に酷似しています。

ufo-mystery.jp

 

・人造型宇宙人

未特定。

 

・大目玉の宇宙人

未特定。

 

・ついらくしたUFO

ロズウェル事件などのUFO墜落事件は数多く存在します。

 

・ミイラ牛

キャトルミューティレーションされた家畜、あるいはチュパカブラによって体液を吸われた家畜でしょうか。

 

・黒スーツの男

ufojikenbo.blogspot.com

映画『MIB』(1997)によって有名になりましたが、「UFO・宇宙人事件に政府が絡んでいる」というイメージは古くからありました。

 

・チコ・バルデス

未特定。

実はこれ、一番気になっているのです。「チコ・バルデス」で検索しても何もヒットしません。

『チコとリタ』というアニメーション映画が2010年に公開されています。その映画の音楽には「ベボ・バルデス」というキューバのミュージシャンが関わっているそうですが、「チョコベーダー」が2002年のゲームなので、関係はありません。

でも、「リタ」といえばゲームに登場するコンタクティの少女です。関係がありそうな感じですが…。

「チューチョ・バルデス(Chucho Valdes)」というキューバのピアニストも発見しましたが、UFOや宇宙人事件とは関係がなさそうです。

 

 

 他にも、ゲーム中にはオウルマンやスカイフィッシュなどのUMA系が敵キャラとしてのみ登場します(技の「へんしん」を使うと疑似的に使えるようになります)が、それらはまたの機会に。

 

宇宙大作戦チョコベーダー ウチュウからの侵略者」。わりとマニアックなところから取材されていたりして、なかなか奥の深いゲームです。

また、柴野浩美さんによるゲーム音楽も秀逸です。

GBAチョコベーダーWEB ←コチラからは火星マップBGMの貴重なボツ案(原曲)が聴けます!(公式サイトがオープンしている今のうちにどうぞ)

 

映画『シン・ゴジラ』 評論文

シン・ゴジラ』にみる「日本」

 

シン・ゴジラ』は、巨大生物による首都圏への襲撃と、それに対応する政府や自衛隊の活動を描いた特撮映画である。スピーディに展開されるドラマと無敵感あふれるゴジラの破壊シーンが心地よい。

監督、庵野秀明が自らデザインした広告において「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」と名打たれているとおり、ゴジラの東京襲撃を通して、現在の「日本」という国の実態を浮き彫りにしている。特撮、ドラマ両面において徹底したリアリティが追究されており、これまでのゴジラシリーズの新作というよりも、巨大生物が東京を襲撃した際の災害シミュレーションのような印象を受ける。

先述したとおり、本作のメイン・テーマは「日本」だと考えられる。それゆえ、作中のいたる所に様々な「日本らしさ」が表現されている。特に、緊急災害時における政府の対応を問題視していることは明らかである。

ゴジラ襲撃に対する政府の一連の行動の中には、目前的な利益に固執する高齢官僚や、権威主義的態度を貫く学識者の姿が描かれており、災害現場への即座の対応に遅れをきたす存在として批判されている。他にも、報道の際の事実隠蔽など、先の東日本大震災時の政府対応に取材していると思われる要素が多く見られる。

だが、本作は単純に政府を否定しているのではない。詰まるところ、政府は様々な思惑を持った人間の集合体なのであり、そこには多種多様な人物がいる。中には高い志を持った人間もいることだろうし、現場への同情を忘れていない者もいるだろう。更に、有事には役人たちは休みも無く働かなくてはならないし、最終的決定権を持つ総理大臣は常に重大な決断を迫られる。政府にいる人間の、誰一人として頭から否定できないのではないか。そんなメッセージが込められているように感じる。

一方、本作は大衆の側にも光を当てている。政府の対応に憤った群衆が国会へ押しかけるシーンがあったが、彼らは役人たちの苦労を良く顧みていない。また、大災害が起こった翌日から何事も無かったかのように日常へと戻る社会があり、自分が被害を受けていなければ、被災地のことなど大して気に留めない民衆の姿がある。それはある意味の自然状態であり、良い、悪いと簡単に判断できるものではない。ただ、それが現実であるという客観的な視点の提示が読み取れる。

映画の中で強調されていた「日本らしさ」の一つに、科学技術と産業の力が挙げられる。たとえば、爆薬を積んでゴジラにダメージを与えたのは電車であり、最終的にゴジラを倒すのは科学技術を集結して作り出した凍結剤とそれを運ぶ特殊運送車であった。エンドロールにおいて映画製作に協力したメーカー名が並ぶところでは、まるでゴジラ登場シーンのような迫力ある音楽が重なっていた。この点から、企業を日本の大きな力と捉える監督の考えを見ることができる。

 

全編を通して、初代ゴジラを意識した場面、演出は数多く見られた。そのなかでも、そもそものゴジラのテーマである「核への批判」がしっかりと継承されていた点に着目したい。1954年に公開された初代ゴジラは、水爆実験の結果出現した巨大生物が東京を襲撃する物語であり、核兵器への批判を象徴しているとされる。今映画でもその設定はほとんどそのまま受け継がれており、むしろ原作よりも忠実なくらいである。海中に放棄された放射性廃棄物を食べた生物がゴジラへと進化する設定からは、核兵器のみならず、原子力発電を含めた核批判が窺える。

作中には様々な兵器が登場したが、ゴジラに対して無力であってもどれも凄まじい破壊力を持っていた。恐ろしいのは、ゴジラは虚構であるのに、この兵器は現実のものであるということだ。すなわち、この兵器はゴジラに向けてではなく、人間に向けて作られたものであるという悲しき現実がある。作中のセリフにもあったように、「本当に怖いのは人間」なのだ。

以上、映画の背景にあるメッセージを取り上げてみたが、映画をエンターテインメントとして観ても純分に楽しめる作品として仕上がっていたと思う。伊福部昭の音楽をそのまま使用している点には、監督の伊福部に対する敬意をひしと感じることができた。庵野テイストが惜しげもなく溢れだす演出には庵野ファンやエヴァファンを熱狂させたことだろう。エンターテインメント性を重視する庵野秀明らしい作品作りである。初代ゴジラを踏襲しながら円谷特撮とも違う「今」の特撮を観ることができたように思う。

 最後に、シン・ゴジラのデザインに関しての意見を述べて終わりにする。あのデザインに関してはいくつかの謎が残されているようである。ケロイド状にただれた皮膚、胸から突き出る突起、尻尾の先端にめり込んでいる人型のものなど、意味もなくデザインされているとは思えない。ここでは特に尻尾のデザインについて触れることにする。ラスト・シーンにおける凍結したゴジラのアップは、異様な形状をした尻尾のカットで締めくくられる。あの不気味な造形は一体何であろうか。多くの人が気付いているように、形状的に思い当たるのは『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵だ。では何故、ゴジラの尻尾に巨神兵が?その理由を探るには、巨神兵が象徴しているものを理解する必要がある。巨神兵は『風の谷のナウシカ』において科学技術の象徴として機能している。巨神兵は世界大戦において終末をもたらす火の兵器なのだ。それは原爆を象徴するゴジラとポジションを同じくしていると言えるだろう。その関連性からゴジラのデザインに巨神兵の意匠がリミックスされたと解釈できる。以前にも、庵野監督は特撮博物館巨神兵の登場するショート・ムービーを制作している。それのみならず庵野秀明宮崎駿との親交関係は有名な話である。それらの共通点からゴジラ巨神兵を結びつける動機があったと考えるのが妥当ではないか。

自己紹介&このブログについて

manna moriです。

このブログに辿り着いて下さってありがとうございます。不思議なものですね。この出会いに感謝します。毎日数人アクセスユーザーがおられるんですよねぇ、本当に、どうしてなのかしら。

折角来ていただいたのに、残念ながらこのブログは人のためにならない私だけのブログです。はてなさんのサーバーが勿体無いような代物です。すみませんね。公開日記、というわけでもないのです。日記は日記でアナログを持っていますから。それに思考ノートならやっぱりアナログで付けているので、まったくブログの活用法を思いつきません。思いつかないまま、立ち上げてしまったのがこのブログです。ですから、本当に意味のないものになっています。

しかし、私のように何者でもない日本人学生が、ブログやtwitterをやる意義って本当になんなんでしょうね。自分にとっても他人にとっても無駄でしかないじゃない?悲しくなってきますわ。

 

誰得なんだか、私の情報をネットの海に垂れ流しておきますね(もやは公害ね)。

ペンネーム:manna mori(まなもり)

●男

バカ田大学在学中。バカにも天才にもなれない落ちこぼれです。

 

趣味

□絵(描くべきモチーフ喪失しているのであまり筆が進まないです)

映像実験的なショートムービーばかり作っています

文章エッセイはよく。小説はたまに。書く事自体が好き)

思考哲学思考するのも、他者思考を取り入れるのも楽しい

対話他者というもの最近面白い自分意外の主体との相互作用……。刺激的です)

映画鑑賞カルトから王道まで。アンドレイ・タルコフスキー、イングマル・ベルイマンテリー・ギリアムジョン・ウォーターズ小津安二郎など……。まだまだミーハーの域を超えてませんが)

昆虫観察(虫を探し、見て、愛でる。)

サブカル昭和時代特に好きです。特撮アニメから音楽文芸批評など)

カードゲームプレイはあまりしないのですが、イラスト効果などが好きなのです。カードゲームは素晴らしいメディアだと思いますMagic:the Gatheringは凄い)

散策(街も良いですが、人っ気の無い自然の多い場所を無心で歩くのが最高ですね)

 

mannaはマナ。真名。そして愛。

moriは森。守り。そして死。